【自分で出来る】ロレックスのお手入れ方法をご紹介

ロゴ

毎日のお手入れが大切

時計は日頃のお手入れを行うことで長く愛用していくことができます。定期的に部品を交換したり、メンテナンスを行うことも非常に大切です。以下では自分でできるお手入れ方法をご紹介していきます。

お手入れ方法

腕時計

水気や脂は大敵

ロレックスを綺麗な状態に保つためには、水気や手の脂に十分注意する必要があるでしょう。汗や脂が時計に付着したまま放置してしまうことによって金属がくすんでしまったり、汚れが隙間に詰まってしまい、取り除くのが大変になってしまいます。そのためお手入れは日々行っていくことが望ましいのです。

セーム革で汚れを拭く

手の脂などで汚れてしまった時計を拭くためにはただのタオルなどではなく、「セーム革」を利用することをおススメします。セーム革とは、シカなどの動物の皮を利用して作られた革となります。このセーム革は皮脂をきちんと拭き取るのに非常に効果的なのです。一度拭き取ることによって、汚れが付着しにくくなるメリットもあります。さらにセーム革が汚れてしまったとしても、汚れを洗い流すことによって再び利用することができます。セーム革は時計を綺麗にするだけでなく、窓を拭いたりといったことも出来るでしょう。

付着した脂を放置しない

ロレックスの金属部分に水分や脂が付着してしまった状態を放置し、その部分が乾燥するということを繰り返し行っていると、金属部分が徐々にくすんできます。このくすみは金属が腐食していることによって発生するのです。一度腐食してしまうと落とすことが困難となってしまいます。そのため、毎日時計を拭いてあげることが大切なのです。

保管する場所にも注意

時計の精度を悪くしてしまう原因としては、電磁波が発生している付近に時計を置いてしまうことが挙げられます。そのため時計を保管するような時にはテレビなどの周辺に置くことは止めましょう。また、水気のある場所や火元のそばに置くようなことも避けるべきです。

広告募集中